事業計画書作成に強い女性行政書士が創業融資・補助金をサポ―ト

日本政策金融公庫創業融資支援

  • HOME »
  • 日本政策金融公庫創業融資支援

日本政策金融公庫の創業融資の申請を専門家を活用することで高確率でスムーズに融資を受けることが可能です。

専門家を活用して日本政策金融公庫の融資を申請するメリット!

1、融資実行確率が90%以上の高確率!

専門家が入ることで日本政策金融公庫担当者との折衝が可能になり、結果的に実行確率が高まります。

創業融資実行において最も大切なものは、創業計画書と面談対策です。
当事務所では融資コンサルタントである女性行政書士が事業計画書の作成から、審査面談対策および金融機関への同行まで支援します。
独立開業時の創業融資の是非判断は、事業計画書が主になります。
もちろん経験やオーナー様の熱意なども考慮されますが、基本的には事業計画書の内容で決まります。
融資の成否の5割以上は、この創業計画書で決まります。

創業者ご自身で申請される場合の実行確率は50%以下と言われております。

ご自身で申請される場合、担当者と十分なコミュニケーションが取れない状態で融資可否を判断されることがあり、

担当者は不安に感じる点等を直接お客様に伝えることは基本的にはありません。

すると、結果実行確率が著しく低下してしまいます。

そして、一度審査に落ちると、半年間再申請ができないと言われています。

創業期に十分な資金を確保できないと、最悪の場合、事業開始が困難になります。

専門家を活用して融資申請を一度で成功させましょう!

2、チェック融資実行までの時間短縮!

ご自身で申請する場合、早くても1ヶ月程度、おおよそ3ヶ月程度は融資実行までに時間が必要と言われています。

一方で、専門家を活用して申請する場合は2週間程度で融資実行まで進めることも可能です!

3、無担保・無保証で融資を受けられる!

基本的に、創業期に民間金融機関で融資を受ける場合だと、無担保・無保証で借りることができず、
借り入れの際には株や貴金属・土地建物などお金に換えられるモノを担保にする必要があります。
新創業融資制度については担保保証は原則不要です。

4、好条件!低金利!

日本政策金融公庫の融資は、通常の銀行で受ける融資よりも低金利であることが特徴の一つです。

さらに、創業融資に精通した専門家を活用することで、より利率を下げることが可能です。

5、創業期に融資を受けやすい!

実績のない創業期に通常の銀行から融資を受けるのは非常に困難です。

日本政策金融公庫の「新創業融資制度」等の商品は、これから新たに事業を始める方や事業を始めて間もない方でも借りやすい融資であると言われています。

日本政策金融公庫の場合であれば、未来の計画や事業性や経営者のお人柄を考慮してもらえるので、

通常の金融機関より創業時の融資実行確率が高いと言われています。

創業期、売上・利益等の実績が無かったとしても事業資金を借りる可能性が高まります。

PAGETOP
Copyright © 安富行政書士法務事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.